bt_home_up.jpgbt_home_up.jpgbt_rinen_over.jpgbt_profile_up.jpgbt_profile_up.jpgbt_honne_up.jpgbt_honne_up.jpgbt_shien_up.jpgbt_shien_up.jpgbt_press_up.jpgbt_press_up.jpg

rinen02.jpg

job01_big.jpgjob03_big.jpgjob02_big.jpg



地元市民の皆様に感謝!!
今、私ができること。


一昨年、昨年の国政選挙では、大変お世話になりました。
私の力が及ばず、ご期待に応える事が出来ずに申し訳ございませんでした。
地元のご挨拶回りを続ける中で、多くのご意見を賜り、ここは原点に立ち返って、一から出直そうと考えるに至りました。

この10年間で、私たちを取り巻く政治環境は大きく変化しました。
その中で、皆様に与えて頂いた県議会ならびに国会における経験は貴重なものです。
日本の最西端に位置し、離島半島を多く抱える我が長崎県で、地理的・地形的ハンディキャップを乗り越えるために、「最西端を最先端に!!」のスローガンで多くの実績をあげることもできました。

10年間、地元市民の皆様にお育て頂いたことに感謝しながら今、私ができること。
それは、郷土の発展のために力を尽くすことであります。
これまでの経験と実績を活かして、まさに「愛郷無限」の志で再出発を図りたいと思います。

おりしも今年は地方創生元年といわれております。
人口減少に歯止めをかけ、地方の自主性を高め、自立を目指すための第一歩を力強く踏み出すためには、地方議会での論議が重要であります。
私もその論議に参画し、郷土の明るい未来に向け、がむしゃらに県民の皆様の為に働く決意であります。

皆様の変わらぬご指導とご支援を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。


炎のチャレンジャー  大久保潔重


大久保ゆきしげ実績
大久保ゆきしげ


up_kokusei.jpgup_kokusei.jpg

up_kensei.jpgup_kensei.jpg

facebook_bn_up.jpgfacebook_bn_up.jpg

twitter_bn_up.jpgtwitter_bn_up.jpg



ウルトラウォーク2017.表.jpg